The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

weetabix:Alpen - No Added Sugar Muesli(ミューズリー)

以前下記の記事で挙げた朝食メニューですが、機会あって、その後すぐにグラノーラからこのミューズリーに変更しました。二ヶ月くらい経っているので、暫定的に定番入りさせてみようかなあ、とこの記事を記載しています。ta21u.hateblo.jp

グラノーラから変更したわけ

単なる好奇心なのですが、このカロリーハーフのグラノーラはちょっと固くて、時々口蓋のうわ顎を木津付ける時があるのと、全体的に甘い、というのがちょっと不満でした。なので、他のものを試そうかなと探しているところで見つけたのがミューズリーというもの。簡単にいうと、グラノーラは一度焼く工程があり、ミューズリーにはないということでしょうか。wikipediaから引用すると、イアのような説明がされています。

ミューズリー(スイスドイツ語:Müesli、Birchermüesli、Birchermus、標準ドイツ語:Müsli)とは、ロールドオーツ(燕麦の押麦)などの未調理の加工穀物とドライフルーツ、ナッツ、種子類などを混ぜ合わせたシリアル食品の一種である。主に牛乳やヨーグルトなどをかけてふやかして食べる。市販のミューズリーには砂糖や蜂蜜で調味されているものもある。好みの配合を自作することもできる。
発祥地であるスイスでは、元来軽い夕食として食べることが多かった。

ミューズリー - Wikipedia

スイス発祥なんですね。
その触感や(素朴な)味から「鳥の餌」とやゆされることもある、と聞いてまずいんかなと思ったんですが、結論から言うとそんなことはない、と僕は思いました。むしろグラノーラより好み。

原材料、味全粒小麦、オート麦、レーズンに、ヘーゼルナッツとアーモンドが本当に少々、みたいな感じです。

このミューズリーはノンシュガーで、あとで好みにするためにも、なるべくプレーンな方が調整しやすいと思い購入したのですが、食べてみると素朴な麦の味にレーズンの甘さがよく映えます。無調整豆乳をかけてアべているのですが、焼いていないからなのか、そのままなりぱりっとした硬い感触が、幾分ねっとりとした感触になりすぐにふやけていくため、硬さもちょうどよいです。よく噛まないと消化不良になりそうなので、40gも食べれば十分です。

会社名はウィーダヴィックスとよむみたいです。イギリスの会社。

コストパフォーマンス

例のごとく貧乏臭い計算をしてみましょう。
内容物は560g,で、¥738(@amazon、2015/03/24)、40g食べるとすると14回分なので、一食あたり¥52.7です。
これにヨーグルト一つ(¥120くらい)、豆乳とコーヒー(¥30くらい)で、¥200くらいです。ほかの単価計算がすごく適当ですが、このくらいだとおもいます。なんとなく。意外と高い?あとネイチャーメイドのスーパーマルチビタミン&ミネラルも飲んでいるので、もう少し単価ががります。そう考えると朝食けっこうかかってるな。

手軽で腹持ちが良いので、ささっと食べたい人には結構オススメです。


weetabix / アルペンノンシュガーミューズリー / - / - / -

広告を非表示にする