読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

Uniqlo:アーバンボアスウェットフルジップジャケット

衣類・装飾 部屋着 +

f:id:takafuu:20150103114002j:plain:w300
部屋着:真冬編(NEW)。

これは今年から投入されたさらなる部屋アウター。

「やぱり暖房は付けたくないけど寒い寒いと過ごしたくもない」というワガママを叶えるために限定時に買ったものです。ちょっと高めのアーバンシリーズを買ったのは、腕にボアが入っているのがコレしかなかったから。ボアパーカーは腕にボアがないんですよね。なのでこちらを買いましたが、後にGUのボアパーカは腕にボアがあるということを知り、なんとも言えない気分になりました。情報を集めるって大事です。

ボアがたっぷりと詰まっており暖かくて重宝していますが、外着のアウターとしてはこれはちょっと失敗作だと感じます。

失敗だとかんじるところ

デザインはいいんですよ。ポケットの部分のギミック及びポケットは別として。

ただ、そもそもがミニマルなデザインだと、どうしても素材、形が勝負になる。でも素材自体の質を上げると原価が上がってしまうから、デザインパターンで勝負するしか無いんですよね。

素材の質アップとデザインを上手く合わせた好例がレディースのイネスコラボラインのエクストラファインメリノワンピースなのですが、これをみてしまうと更に、デザイン(シルエット)にかなりがっかりしてしまうんですよね。これはアーバンシリーズ全般に感じます。

どれも基本的に着丈が短いし、なにより袖丈が短くて身幅の割にお腹・背中にかけては膨らみがちになるいつものユニクロシルエットなんですよ。素材感がおもったよりカジュアルなのは(値段を考えて)よいので、じゃあシルエットはもうちょっと頑張れなかったのかなあ。ミニマルな服の命なだけに、ここは変えてきてほしかったです。

ちなみにユニクロはいつもSですが、袖丈とやたらタイトな肩幅のため(身幅は余る)これはMを買いました。それでも袖短いです。

いつもあるシリーズではないので、来年はおとなしくボアパーカーか、インナーの厚着を考えます。


Uniqlo / アーバンボアスウェットフルジップジャケット / / M / 2014-11頃

広告を非表示にする