The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

Fabian Baron Eyewear:サングラス

f:id:takafuu:20150512212931j:plain:w300
エディトリアルデザイン/アートディレクションとして世界的に有名なファビアン・バロンが手がけたアイウェアです。
色々こだわった結果、日本製になったようで、出た当時はちょっと話題になったようなならなかったような。今でも展開はしているようですが、日本ではあまり聞きません。トム・フォードのサングラス人気も落ち着いて数年、というところ、大きいサングラス自体がファッションとしては下火なのかもしれませんが、僕は目の保護的な理由とか、人と目を合わせにくくて済むとかでかけます。わかるとおもいますが、ぼくは結構イタイ人なのです。

サングラスは一般的に日本人には似合いにくいと言われていて、僕もどうもやってしまったイタイ感は出ているかもしれません。ただ、自分としてはこのサングラスに行き着くまでにzoffからoliver peopleからraybanもtom fordとかなりの数を試してこれにたどり着いたので、機会でもない限り買い換える気にはなれないようです。ということですが、その機会が明日の眼科検診でやってきそうなので、記念記事としてアップしました。普段使い・PC用・読書用はそれぞれどうなるのでしょう、楽しみです*1

手仕上げ日本製

というこだわりがあるようです。日本語だと英語圏にはかえってクールなのかな?
f:id:takafuu:20150512214048j:plain
カタカナなのが謎です。

日本人がサングラスをする必要があるかどうか

欧米人に比べ虹彩の色が濃いからそんなに眩しくないし、する必要はないというのが通説ですね。
ただ最近では紫外線の量も結構多いし、紫外線は虹彩の色でカットされないため、白内障予防のために、色付きはともかく、UVカットはしたほうが良い、とも言われ始めています。白内障手術を行った身から言うと、もちろんとても快適ではありますが、やはりみすみすピントの調整力を失うリスク(=白内障手術による弊害)を犯すこともないですしね。


Fabian Baron Eyewear / サングラス / - / - / 2009位

*1:とはいえ、眼科の処方箋にまつわるいろいろな話も聞きますし、明日決まるとも限りません

広告を非表示にする