読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

デスクトップ画面とざっくりとした使用方法

その他 コンピュータ関係

同じような記事を昔書いたのだけど消してしまったようなので、エリサさんの企画をきっかけに再び書いて載せてみます。erisaslife.net
とはいえ、僕はミニマリストではないので、ちょっと趣旨違いだったらすみません。スルーして下さい。

デスクトップ画面

f:id:takafuu:20150428011229j:plain:w300
なんてことのない画面ですね。壁紙は昔から無地が多いです。
これは片付いていますが、デスクトップは「つくえ」という認識で使っていますので、作業中は散らかる時もあります。
画像の状態は整理状態です。アイコンは全部aliasで、整理すると実体のあるものがなくなる運用が特徴でしょうか。

フォルダのエイリアス

右端の青いフォルダのエイリアス、これは上がdropboxへのエイリアスになります。
下のフォルダエイリアスは、今動いているprojectフォルダのaliasです。#in Progressという名前でつくってあります。今はのんびりなので、自分で考えている企画書とかが入ってます。ここはだらっと眺めるときもあるので、トラックパッドのみで操作できるようにとaliasを作っています。

二列目のアイコンは、それぞれNASのネットワークドライヴと、google driveを擬似的に外付けディスクとして使っているものを表示させています。ただし、普段は黄色いアイコンのgoogle drive接続は切っていることも多いです。ログイン時には自動接続しているので、この画像だと表示されています。

左下のテキストっぽいアイコンはこれもaliasで、ラジオで流れた気になる曲とかミュージシャンをメモしてあるテキストファイルへリンクしています。

実際はここに「作業中ファイル」もおかれます

画像だと他にもなにもないのですけど、これはもちろん整理した状態で、いま実際には4つほどドキュメントのエイリアスがあります。
エイリアスなのは、実際には#in Progressの中にファイルをおいているためです。デスクトップに実体ファイルが長くおかれることはあまりないですが、全くないわけでもなく、デスクトップはその名前の通り「つくえ」、フォルダは引き出し、ネットワークドライブは納屋みたいな認識です。あまりに多くのものが「つくえ」の上に出しっぱなしにならないように作業している、という感じですね。散らかるときは散らかるし、片付けるときはさくっと片付けます。

データの取扱について

基本的に端末が失くなってもあまりデータのロストがないような仕組みになっています。

  • dropbox → クラウド。ドキュメント、個人的な作成物が入ってます(document)。
  • github → クラウド。プログラムのソース管理に使用、でも最近はご無沙汰してます
  • NAS → 家のLAN内に存在。音楽、映像、自炊データ、写真、その他過去のデータ(かなり昔につくったものとか)が入っています。raid 1、2TB。
  • google drive → クラウド。基本的にはNASのバックアップですが、こちらは1TBのため、過去のデータは省いてバックアップしてます。自動でバックアップされます。
  • time machine → 家のtime capsuleのバックアップ機能。macbook air内の自動差分バックアップがされています。

書き出すとちょっとややこしそう、かつ無駄がありそうです。
ここまで念入りにするほどではないのですが、端末が壊れてロストして色々面倒だった、ということを何回か経験したため、こんなかんじになっています。

見た目について

壁紙はグレイ。
また、見た目をグラファイト(マウスオーバーの色やウィンドウの左上の3つのボタンなどが黒っぽいやつ)にしているため、合わせています。
これは昔からなのですが、あまりデスクトップやシステムに色を付けたくないようです。

あと、dockは左、普段は隠れる設定です。ランチャーとしては使用しないため、アイコンは全部取り除いています。なので、dockは起動中のソフトのアイコンを表示する役割になっています。アニメーションはスケールエフェクトにしています。

使用している機材はmacbook air 13です。ta21u.hateblo.jp

expose

デスクトップを4画面に拡張して使っています。
f:id:takafuu:20150428013333j:plain
壁紙を画面ごとに微妙にグラデーションさせています。これは単なるお遊びですが、これはコダワリといえばコダワリでしょうか。意味はありません。

感想/多少拘っていると思われること

重複もありますが、デスクトップに関わることでざっと書き出してみますと、以下の様なことが拘りといえるでしょうか。

  • ドックを隠す/ランチャーとして使わない
  • アニメーションはスケール、色はグラファイト、彩度のついたものを好まない
  • ランチャーはソフト名入力のalfred2を使用
  • ターミナルを積極的に使う
  • ファイルはdropboxフォルダ以下で作成する
  • メニューバーをすっきりさせるためにソフト(Bartender )を購入している

ごちゃごちゃとしないというのはもちろんあるんですが、どちらかというと見た目よりは機能的な整理に対して多少のこだわりがあるようです。キーボードが好きなようなので、とにかくキーボードで済むことはそうしようとしている、というのがわかります。使用ソフトを見ると特にわかります。

標準以外で使用しているソフト

書き出してみたら結構入っているなあと思えます。

  • alfred2 - キーボード入力型の多機能型ランチャ(spotlightの上位互換みたいな感じ)。有料だと更に高機能に。無いと凄く困る
  • hyperswitch - ⌘+Tabによるウィンドウ(アプリケーション)切り替えがより便利になるソフト。無いと凄く困る
  • TotalTerminal - ターミナルをキーボードショートカットでon/offするランチャ。無いと凄く困る
  • Bartender - メニューバーのアイコン配列をカスタマイズできる。有料。例えば以下の様にできます。メニューバーごちゃっとしてると座りが悪い!fast user switchは使用するのでわざわざ表示させています

f:id:takafuu:20150428015523j:plain:w300

  • ExpanDrive - 外部クラウドストレージサービスを外付けドライブのように扱えるソフト。有料。

ta21u.hateblo.jp

  • CotEditor - 軽いテキストエディタ。正規表現が使えるし、Syntax highlightもあるし、なんだかんだと起動回数は多い
  • Text Wangler - ちょっと高機能なテキストエディタ。殆どつかわない
  • 0xED - バイナリエディタ
  • IP Messenger - ローカルLAN内のメッセンジャー。だいぶ古いが所属場所ではまだ使うので入れています
  • BetterTouch Tool - トラックパッドの動作拡張
  • Dropbox - クラウドストレージの雄その1
  • Filezilla - ftpクライアント
  • f.lux - 夜になると明るさ・色みを弄って目への刺激を知恵元してくれるソフト
  • Gimp - オープンソースのフォトレタッチソフト。無料だがクセがある
  • Inkscape -オープンソフトのベクターソフト。無料だがやっぱりクセがある
  • Growl - 通知センターが実装されるまで同じ役割をしていたソフト。uninstallしていなかったようだ
  • Macs fan Control - 温度状況によりファンをコントロールするツール。もっぱら本体温度計としてのみ使用
  • Mousepose - 脱走したハムスターの如くいなくなるマウスカーソルを探すツール
  • Open office - オープンソーフなオフィスソフト。意外とがんばる。クセがある
  • pgAdmin3 - postgresqlをGUIからちょっと楽に使うツール
  • pushbullet - iOSなどの他端末にリンクや情報などを通知するもの。「わざわざ使うか?」とおもいきや、便利!
  • VLC - 割りと色々なコーデックを再生できるクロスプラットフォームの動画再生ソフト
  • RStudio - R(統計解析言語)をGUIから使うためのもの
  • Scansnap manager - scansnapを使うためのドライバとマネージャ
  • Skype - ご存音声(他)通信ソフト
  • Splashtop Streamer - iPadでmacを操作するためのサーバ。結構グリグリ動く
  • The Unarchiver - 多種対応の解凍ソフト
  • Xquartz - apple用のXサーバ(homebrewを使用するのに使う)
  • Line - メッセンジャー。PCの前だとこっちが便利
  • Nethack - ダンジョン自動生成のローグライクRPGのGUI版。未だにイェンダーの魔除けを奪回してことがない
  • Skitch - blog用画像加工
  • google Chrome - ブラウザ
  • XLD - ロスレスのオーディオリッパー。CDからflacにするGUIのフロントエンドして利用
  • Theremin - MPDというmusic serverのクライアント
  • Homebrew - コマンドラインのアプリ管理ツール。使いこなしてないが、無いと凄く困る
  • Numbers - 時々使う。openofficeのcalcの方が使えるが、keynoteの連携時にたまに使う時がある程度
  • Pages - たまーにつかう
  • Keynote - apple作成オフィス系では一番使えると思う。実際に業務にも使用しているプレゼン/企画書作成ツール
  • Garageband - 遊びに使う分にはちょうどよい
  • Google IME - ことえりちゃんもだいぶいいんですけど、まだgoogle IMEの方が使いやすいです

homebrewのインストールリスト

$brew leaves

brew-cask
cask
cloog
coreutils
curl
emacs
exiftool
faac
fcrackzip
ffmpeg
flac
fswatch
ghostscript
git
imagemagick
libbpg
libmpc
lv
mcrypt
mongodb
mpc
mysql
ncmpcpp
nkf
node
ossp-uuid
php55
phpmyadmin
postgresql
rename
ruby
terminal-notifier
unrar
watch
wget

結構何をやっているのかがわかりやすい少ないライブラリですね。

便利に使う方法

これといった拘りはありませんが、terminalとhomebrewによってbashを初め伝統的なunix系統のコマンドラインツールがすぐ使えるので、コマンドラインツールを上手に使っていくと便利なのではないかと思います。組み合わせによって自分の望む機能をささと実現できる、というのは便利と言っていいかなあ。

広告を非表示にする