読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

Volkswagen AG:Polo 9N

その他 -

Volkswagenのコンパクトカー、Poloの四代目モデル。ライトが丸い形の最後のモデルですね。

コンパクトカーとはいえ、アウトバーンを走る都合なのか、速度メーターをみると200kmオーバーまであったりします。見た目は結構好きでした。Volkswagenといえばニュービートル(現行だとザ・ビートル)やタイプ2が有名ですが、このポロも結構売れているみたいで、時々見かけます。興味の持てなかった車の運転ですが、必要に迫られて免許をとった後、とてもやすい中古として購入したのがこれでした。
外車なのは近くにディーラーが合ったりとか、丸い目が可愛いとかありますが、たまたまそのときの状態がよく値段が安いものが入ってきたから、というのが主な理由です。その時に同程度の状態・値段のフィットが入ってきたらそっちを買っていたと思います。なので、写真が一枚もありません。

車を持つことのメリット・デメリットは散々議論されているので、ここでは「都市部近郊で、電車が十分に発達しており、通販を積極的に使え、日常的に大きな荷物を運ばない場合、車がなくてもあまり不自由しない」という所感のみを記載しておきます。例えば僕が日常的にホルンとチューバとユーフォを運ぶとしたらもちろん車は必要ですし、こういうのはほんと状況によって変わります。

パニック発作患者は運転に慎重になったほうが良いですよ

車の運転を控えた大きな理由の一つがこれです。

これはそこそこ大きなリスクを秘めています。酷い発作でもなければ運転はできますけど、周りへの注意力はもちろんあkなり低下しているし、反応速度も遅いし、事故の確率は結構というか、かなりあがると推測できます。

大体発作前には兆候があるので、まずいと感じたらとにかく停車できるような場所に移動したのですが、注意事項が多い都内は結構ヤバイなと思います。周りに注意を配りつつ運転をしている余裕があまりでません。特に運転に不慣れな初心者の場合、運転自体にストレスを感じているので、なおさらです。しかも自分だけではなく、他者を巻き込む可能性も高いので、パニック障害がある場合はあまり運転をしないほうが良いのではないかと個人的には思ってます。

ポロ(というよりVWの?)特徴

あまり当てになりませんが、他の日本のコンパクトカーに比べて思ったことです。
まず、ブレーキとアクセルの踏み込みが違う。こちらのほうが重いです。これはおそらく想定される速度が異なるんでしょう。都市部の場合、スタート・ストップが置いので、初速と40〜60kmくらいの安定性が重要な気がします。ポロはその安定部分がもう少し上に置かれていた感じです。

次に、ドアが重くて硬い。硬くすることによる頑丈さみたいなものを感じます。決して日本車がペラいということはなく、ドアの重さとか気密性みたいなところが「硬くして守る」という意志を感じるのです。これもアウトバーンを高速でぶっ放すからこうなるのでしょうか*1。日本車は「衝撃を分散させる」というようなイメージ。これもイメージのみなので、実際のところはどうだかわかりません。

最後に、電装系が脆い。そして細部が大雑把。
こういうのは日本者だとないなーって思います。パネルもそうだし、パワーウィンドウ結構壊れるし。日本車が海外で売れるのも伊達じゃないなあと思います、あのノーメンテでの動きっぷりを見ると。

手放しました

車検前に売りました。
事情も変わり、車が必須ではなくなったので、趣味で維持するには高かったのです。

電車で不自由のない限りは、車のない生活をこれからも続けていくことになるかと思います。
ということで、もう2年以上運転してないなあ。ブレーキって左側?とかそういうレベルに覚えてません。

*1:イメージのみで語っています

広告を非表示にする