The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

A.I.P. / ワンショルダーバッグ

f:id:takafuu:20150731222201j:plain:w300
さいきん使用頻度の高いバッグです。
とくにこれが大のお気に入りとかそういう意識は全くないのですが、わりと自分の求める機能が揃っているようで、気がつけばここ2年位の使用頻度はNo.1のようです。

バッグに求めるもの

このバッグで僕が良いなあと思うところは次のような感じです

  1. ワンショルダーなので、肩にかけて後ろにまわせる
  2. そのときかさばらない(布地なため)
  3. バッグ内のポケットが豊富で、適当に突っ込んでも引っ掻き回す事態を避けやすい(中に大きいのが1つ、中サイズが2つ。外にも中サイズが1つ)
  4. 500mlペットボトル、カーディガン、薬ポーチ、サングラス、メモ帳とボールペン、ミンティア、kindle、財布、iPhone、扇子、歯磨きセットをいれてもまだまだ余裕がある。iPad(9.7インチのほう)もはいる。

ようするに容量が大きな割に上手く背中に回るため脇にかさばらず、かと言ってリュックほどの存在感もないというところがポイントっぽいです。
デザインは当時はとても好きで、いまはもう少し装飾的な部分がなくてもよいんじゃない?と少し思うくらいですが、それでも割と好きな部類には入ります。
※ちなみに、ショルダー/メッセンジャーバッグのように、斜めがけをするものは積極的に選びません。身体に斜めに負荷がかかる感じがあんまりすきではないのです。

生活様式が変わるとバッグも変わる

バッグは生活様式や気分が変わると求めるものも変わると思うので、その時時に合ったものを買えば良いとは思います。
たぶんここ何年かはもっぱらこれ、という感じですけど、その前は13インチのPCもはいる革のショルダーバッグがメインでした。ta21u.hateblo.jp

いまもこのバッグは使っていますが、使用頻度が違うのですね。
まあ、当時と今だと行動が変わっているので当たり前ですが、別に何かひとつに決めるのではなく、今は大体これを使っていて、使わないよねってものは捨てておいて、持ってるものに満足しておくというのが僕にとっては丁度良い持ち方だと思います。ただ、これ以上バッグを増やしたくもないというのもあるので、「最適な数を見つけていく」というのが僕にとってのテーマです。そして、そのための所有物ログでもあります。

ちなみにこのバッグ自体はIsetan Mensの別注モデルで、たぶん8年くらい前のもの。
さすがに布部分の色味などがけっこう日焼けしているので引退させるか、できれば補色をしてみたいと思っています。引退は良いバッグが見つかればと思うのですが、なかなか無いので、その場合は「これと同じようなものを作って」とどこかにオーダーすることになるのかなあ思っていまして、素敵なことなのですが、仕事方面が安定してからにしようと思うので、当面は補色をする方向で考えていきます。


A.I.P / ワンショルダー / - / - / おそらく2008ころ

広告を非表示にする