読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

Apple:Apple Watch Sport 38mm (black)

電子機器 黒物家電 +

f:id:takafuu:20150503141522j:plain:w300
好奇心に負けて購入しました。アプリも作ってみたいし。

結論を言うと個人的にはまだガジェットの域を出てないので、新しもの好き以外は買うと高くつく結果になると思います。新しもの好きとかapple好きは飛びついてみても良いのではないでしょうか。

僕も買う気はなくて予約もしてなかったけど実物触ったら意外と軽くてよさ気と思ってしまい、在庫もあるっぽい→からの導入です。ようするにただの衝動買いというやつですが、買った以上楽しんで使っていこうと思います。

ウェアラブル端末としてのざっくりとした感想

さて、もともとおもちゃとして買ったので、あまり実用性云々を気にしていません。apple製品のファーストモデルはコンセプトはわかるが出来は微妙、ということも多いし、そもそもスマートウォッチ自体は何の新しさもないですからね。ここではむしろファッション業界へ寄った展開をしている(らしい)ウェアラブル端末の動向を見守るという形で眺めておくのが楽しそうです。ということで、ちょこっと使った感想を記載しておきます。

38mm vs 42mm:似合ってる方が良いと思う

42mmの方がバッテリーも画面も情報量も大きいため、情報端末としては42mmが良いでしょう。
ただ、僕は腕が15cmと男性にしては結構細い方なので、42mmはおかしくはないけど見た目にしっくりこないしと、38mmにしました。
あと、sportモデルは安いのもそうですが、本体が30gと軽いので、バンドと合わせても62g(本体25g、バンド37g。バンドによって重さが変わるようです*1という軽さが良いのです。これも小さい方が軽いですからね。

軽いほうが自分は好き

愛用しているチプカシ、f105W-1Aが27gです。これと比較すると、それでも2倍以上なので、もうちょっと軽くても良いくらいです。ですので、ベルトはそのうちサードパーティで軽いのが出ることを期待しておきつつ、現時点での最軽量(かつ最安価な)モデルを選択しました。つけている感覚を忘れられるほどの軽さ、というのは、特にこの手の活動量計にはとても重要な要素だと思います。

見た目としては、自分でしっくりくる大きさが良いと思います。
思うのですが、どうせこんな小さな画面で全部をやろうとするのが非効率的です。「あるアクションに対して、iPhoneをかばんから取り出してロックを解除して処理するより、腕時計で処理したほうが早いときだけ処理する」と割り切れば、情報量の多少の変動はどこまで問題ではないです。それより軽さとかつけ心地のほうが重要だと思いました。

見た目は普通だと思うけど、おそらく他ブランドのベルト&ウォッチフェイスで差別化できる

ファッション的な展開を試みているapple watchですが、他のデバイスもその辺は試行錯誤してきているので、個人的には現時点ではそこまで強い優位性は感じません。

ただ、ファッションアイテムの指向性を強めていくことは既定路線だと思いますので、ウォッチフェイス&ベルトをデザイナーとコラボしてリリースとかは十分に考えられますし、まあそういうふうにしてファッション化は進めていくのでしょう。これはアップルの強みなのかな。

なので、フェイスが小さいのは決断だよなあと思います。フェイスが小さいと情報が制限されるし電池の持ちは悪くなりがちなのでガジェット的には大きくしたいとおもいますが、身につけた時のガジェット感を薄くするのには小さいほうが良い。ここはやっぱりAppleらしいなあと思います。その割にウォッチフェイスに良い物がないのですけど!

ウォッチフェイスは将来に期待

個人開発には開放されていないので、既存のものをちょいカスタマイズするくらいしか楽しみがありません。

いまつかってるのはこれか
f:id:takafuu:20150504222451j:plain:w300

これかの2つです。
f:id:takafuu:20150504221757j:plain:w300


2番目のに小さく残バッテリーが表示できればたぶんとりあえず常時これを使いたいです。雑貨屋に売ってるチープ可愛い時計みたいなのか良い感じ。あと時間が見やすい。

冒頭の写真のようなアナログ型は、デジタルで表現しているのをみるとフェイク感が強く余り好きになれないので、デジタル表示のものにしています。

フェイスのない時計はリストバンドかもしれない

ひとつの問題として、実際腕にはめている時の多くはフェイスが非表示で真っ黒です。なので、他人からはそういう見た目を見られることになります。これが既存の時計と大きく違うところで、時計でもない、リストバンドでもないその姿はダサい、ビジネスで使えないなどなどといった意見もあるみたいですね。

個人的にはフェイスがないのは確かに時計としては違和感ありますけど、この部分を含めたバンドとして上手く処理するブランドが出てくると思います。もちろん、これがとてつもなく成功すれば、「フェイスは常時ONではない」というのは浸透するでしょうが、それはもうちょい先の話でしょうねえ。

やってみたかったこと

個人的にはヘルスケア。もちろん今ならfitbitとかjawboneなどの優秀な活動量計があありますが、通知も込みで使ってみたかったのですね。おもちゃですしあまり合理的な意味はありませんが、「心拍数を記録する」という行為ってまったく考えたことなかったのでやってみたかったです。

実際に心拍数はこんなかんじで自動計測されてます。
f:id:takafuu:20150504221230j:plain:w300
これはiPhoneの「ヘルスケア」から見ることが出来ます。しかし細かい。
18:00〜18:30は散歩に出かけているので、少し心拍数が高いのでしょう。他の上下の幅が出ている理由は不明ですが、試しに姿勢を動かさずに明示的に計測すると大体60前後なので、計測タイミング時の動きなどにもよるのかも知れませんし、こんなものなのかもしれません。

余談ですが、iPhoneの「ヘルスケア」アプリはほんと細かい情報まで記録されるように作ってあって、appleがビッグデータによる疾病予測とか健康管理を本気でやってみたいんだろうなというのがよくわかります。これが全部限りなく自動で埋まってくれるとよいでしょうね。

結論

「IPhoneがすぐ触れる状況ではないが、(bluetoothが届く程度の)近くにはいる」って、バッグの中に入ってる、くらいしか思いつかないのですが……意外とiPhoneはすぐ操作できる位置においてある気がしますので、そういうひとには(通知がほとんど無価値になってしまうため)現時点では活動量計を購入したほうがメリットがありそうですね。

その他、多少付けてみての感想箇条書き

  • 電池の持ちはギリギリです。これから(半年としかして)劣化するとどうなるかな
  • 充電後の加熱問題はいまのところ問題ありません
  • 軽いのは正義です
  • スポーツベルトはちょっと蒸し気味です
  • 傾け感知のフェイス表示はあと0.5秒くらい早いとなおよかったけど、今でもあまり問題ない
  • taptic engineの「叩いてくれる感じの通知」は気持ち良いです
  • 通知音は切っておいたほうが無難
  • watchの振動パターンは個別通知/着信をカスタマイズできるか、通話・メールのiPhoneの振動パターンと連動してほしい(そうするとウォッチの画面を見ないでも済む)
  • 結局持ち歩く必要はあるので、iPhone 6 plus をどうポケットから追い出すか、それが問題だ。カバーじゃなくて、「ポケットからiPhoneを追い出すための小さいバッグ」を考えて、各ハイブラなどとappleがコラボして発売していえばよいのではないでしょうか。
  • …あれ、いつも(iPhoneを)持ち歩けばApple Watchあんまりいらないのでは?

電池の持ちは意外と大丈夫そうかもしれない

[2015/05/07追記]
電池の持ちが心配されるapple watchですが、大体朝10:00〜0:00まで着けて、うち通知を10回ほど受け取るのみというライトな使い方で58%残。もうすこしヘビーに使っても、朝8:00〜23:00位まではもちそうな気がします。



Apple / Apple Watch Sport (black) / - / 38mm / 2015-05

広告を非表示にする