読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

alfredでtotalterminalへ入力を送る

totalterminal(旧visor)は、terminal.appの拡張機能で、いつでもどこでもhotkeyでterminalを呼び出すというアプリです。terminalは全画面でいつでも使いたいのですよ。

ですが、alfredから直接コマンドを入力すると、新しいwindowが立ち上がって非常にうざい。

f:id:takafuu:20140621192251j:plain
alfredでpsを実行させると……

f:id:takafuu:20140621192419j:plain
terminalのwindowが立ち上がります
実際はtotalterminalも動くので、実行したterminalは背面へ移動してしまいます。
さらに、terminalに送るときは、毎回新しいwindowを作るので、これも無駄にwindowが増えるので、邪魔なことこの上ない。なので、totalterminalの画面にコマンドを送れるようにします。

totalterminalとの連携の方法

alfredの有料版、Powerpackが必要です。手順はとても簡単。alfredの設定をちょこっと変更するだけです。

setting>feautures>Terminal / Shellを開くと、applicationが「terminal」になっているので、ここを「Custom」にします。すると下にコードを書ける欄がでてくるので、下記のコードを貼り付けて終了です。

on alfred_script(q)
tell application "Terminal"
activate
do script q in front window
end tell
end alfred_script

f:id:takafuu:20140621192914j:plain

これで、totalterminalのactive tabで動くようになりました。

動かない人は以下をどうぞ

totalterminalとalfredの連携だと、Alfred & TotalTerminal Integration - Space Cadet 9に同じやり方が記載されています(というか、ここを参考にしました)。ですが、肝心のコードが動かなかったんですよね。

なのでApplescript全然わからないけど、なんとなく修正してみたのがこの記事のものなので、こちらで動かなければ元記事の方のコードにしてみてください。

広告を非表示にする