読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

nike:テックフリース パンツ

f:id:takafuu:20160110034023j:plain:w300
今年の冬は衣類を整理して、処分した分、少し衣類を買いました。主に財政的な理由でその多くはユニクロなのですが、唯一違うものがこれ、ちょうど今年が流行のピークだと思われるスウェットパンツです。前から気になっていたnikeのテックフリースにしました。機能性も高そうだし、テーパードのキツく細めのシルエットが綺麗だし、膝周りのパターンが動きやすそうだし、定番だしということで。流行での使い捨て/入門編なら今シーズンはユニクロのジョガーパンツになるのでしょう。

タイトなフィッテイングで購入したので足のラインがもろに出ます。
ワンサイズアップして履くと若干ヒザ下からのラインに余裕をもたせられますが、このパンツはこの細いラインがウリなので、サイズアップするなら他のブランドのものが良さげ。ちなみに持っているブーツを合わせたところどうやってもブーツインになるし、ちょっと外に出てみたけど難しいというか、これを似合っているとするのは難しいです。しかし推されている「スニーカーで合わせよう」の例が面白みに欠ける気がするので、ここは頑張って革靴とかでいってます。あまり意味のない戦いです。負けそう。

ポケットは使えないと考えたほうが良い

f:id:takafuu:20160126033845j:plain:w300
ポケットはヒップ(ジップ)1、サイド2(うち右はかなり縦長のサイドジップ。写真)ですが、ここにものを入れることはあまり考えないほうが良いです。シルエットがかなり崩れます。機能的にはよいんですけどね。なので財布やスマホはアウターに入れるかバッグにしまうようになり、春秋は別途鞄が必要になる感じです。

おまけ:僕が思いつくだけの適当なスウェットパンツの動向

反動としての2008,9あたりからのエフォートレスな動きを踏まえて、2010年ころからハリウッドセレブがコーデに取り入れるようになってきたと記憶しています。2011年では例えば3.1 Phillip Limは普通にスウェットパンツを取り入れています。

それが一気に広がるのが2011年にDieselが発表したJogger Denimです。
デニムとスウェットの融合によって誕生した、革命的なディーゼルのデニムシリーズ|ワードローブ(メンズファッションアイテム)|GQ JAPAN

デニム風スウェットなんですが、Dieselならではのデニム加工パターンを上手くスウェットに落とし込み、スキニーの細さを維持しつつすげえ動きやすく見た目も良い、というのがヒットして各社がマネ始めました。なので2013年くらいまでには上から下まで価格帯も出揃って、割と感度の良いお洒落さんはスウェットをこぞって履き始めているわけです。それで今年は満を持してユニクロが出しました。ジーンズシリーズまで出してこれが結構ヒットしているっぽいので、キャズムは超えている、とみえるかなあ。

個人的にいまのこの流れはエフォートレスかというとそうでもないのかな、と思っていて、良くも悪くも代用していく、フェイクを肯定していくための手段なのかなあと思います。単に「楽であること、身体を拘束しないこと」のみを主眼としてファッションを構築していく場合は少しづつシルエット自体を身体から離していけばいいと思うけど、「テーパードの効いた細いスウェットデニム」というのはシルエット自体はまだ細く拘束していく旧来のラインに近い。だけど素材で実は拘束していない、みたいなことをやっていて、それはたぶんシルエットを太くしない理由がちゃんとあるのだろうな、と思うんです。いや、あんまり思ってないんですけど。

結局シルエットを大きく変えたパターンを主に打ち出していくよりも、こうしたベーシックな服はノームコアのように従来の価値観で理解でき、かつ以前のものにあったデメリットを外すことでの融和かなあ。以前の価値観を継承しつつ、素材とか作りで「物質的にデメリットであった部分」を壊していくのは、おそらく今後もっともっと盛んになってくるのではないかなあ。アクリルやレーヨンがすげえ進化していたり、一方コズモラマみたいにその編み方で全く新しい生地を作ったり、素材が進化して初めて可能になるパターンや魅せ方もあるのだろうから、これからはまあ土に3年位革を埋めてなんか面白そうだぜベイベーという以外にも、たぶん素材的アプローチが大きく関係してきそうだなあと思うのです。

何がいいたいかというとなので5割位の確率でたぶんスウェットは定番化出来るのではないかということです。それのほうが楽なので定番化しちゃえばいいじゃん、という僕の妄想でした。それくらい楽なのでいいですよスウェットパンツ。シルエット変えるだけで意外と部屋着感なくなるっぽいですよ。

Nike / テックフリースパンツ(黒) / S / - / 2015-12

広告を非表示にする

Apple:Smart Case (black)

f:id:takafuu:20151016022647j:plain:w300
iPad Air2と一緒に購入したもの。今回は背面まで全てを覆うケースをつけよう、と決めていたのはよいですが、量販店に選択肢があまりないこともあり、ネットでレビューを確認して、これでいいかと、この純正に決定しました。確かにちょっと高いな、とは思いますが、はまりがよくなかったりして何回も買い換えるよりは良いです。レビュー通りしっかりとはまり、ipadが革装丁の何か薄いアナログなものにみえなくもない……いや、見えないですが、電子機器感はそれなりに消してくれており、満足しています。ポリウレタンでよかったんだけど、そっちはカバーしかないのですねえ。

茶色ならもっと「本」の雰囲気が出そうですけど、結局黒を好んで買ってしまう。黒が好きなのはあまり年をとっても変わらないですね。ずっとこうなのかなあ。
ipad3時代につけていたsmart coverの革は汚れつつも3年間きっちり使えたので、今回もきっちり保つことを期待しています。


Apple / iPad Smart Case / Leather / - / 2015-10-10

広告を非表示にする

Aquascutum (maruem):ブリーフケース

f:id:takafuu:20151015182630j:plain:w300
日本の鞄製造会社、maruemことマルエム松崎の鞄。Aquascutumとありますが、実際はmaruem製品で、鞄内のタグにそのことがきっちりと記載されています。maruemはもともと結構多くのライセンスを手がけていたようなので、こういう商品は珍しくありません。つくりはしっかりとしています。どこかの百貨店、たぶん新宿で買ったんだと思いますが、なにせものすごく前のことなので正確には覚えていません。

これは当時学生でデニム+Tシャツによれよれのバッグの中にノートPCを持っていたため、客先でさすがに格好つかないなと、百貨店でこのバッグを買ったのです。スーツを着るという発想は基本あんまりないのですが、初めての訪問などでは流石に着ることもあって、スーツを着てこういうブリーフを持つと社会人っぽいなあと思ったりして、それはほぼずっと私服で仕事をしてきていた身として今でもそう思います。

整理している時に捨てようかと思ったのですが、いま友人の事務所に通っているため、鞄くらい仕事っぽくしてみようとちょこっと使ってみると、これがなかなか使い勝手が良い。そういえば、当時から僕は仕事用のブリーフケースに求める機能として

  1. レザーではなくナイロン(軽くするため)
  2. 肩ストラップがつけれる(重い時に便利)
  3. 外ポケットが有る(携帯などの出し入れが楽)
  4. ポケットが多め(何かと便利)

というのがあったんですが、この鞄はそれを満たしてくれているのですね。

外ポケット

f:id:takafuu:20150826015037j:plain:w300
一番外側はマグネット式の全面ポケットが合って、家側には小さいポケットもあります。
だいたい個々にミンティアとかが入り、あとメモしているノート、ペン、携帯、もらった資料などなどをどさっと入れてとりあえず動けるので便利なのです。

メインコンパートメント

f:id:takafuu:20150826015029j:plain:w300
ここにPCとかその他ざっくりいろいろなものが入ります。
両側にこれまた全面ポケット(ファスナー付き)と袋型ポケットがついており、だいたいここで収納が完結します。

サブコンパートメント

f:id:takafuu:20150826015019j:plain:w300
鞄の最内側のコンパートメントはだいたいもらった資料(紙媒体)を入れることが多かったです。使わないこともよくある。
メインと分かれていると結構便利なんですよ、これ。資料が出しやすいし、メインからもの出すときに気を使わなくて良い。

というわけで、去年まで使っていたバッグを捨てた今、バックパックの気分ではない時にはこちらを使っています。体の負担を考えるとバックパック一択なのですが、仕事感(仕事感ってなんだ)と気分転換にとブリーフケースを多く使ってみると、やっぱり取り出し口がいろいろ有る方が便利、と思っているところです。そして一時期けっこうヘビーな使い方をしていても特に機能的に損傷がないしっかりとした作りは凄いなあと思います。表面がちょっと傷あるくらい。

しかしバッグ多いなあ。なにか整理をしたい所です。気分転換も兼ねて、個人的にはブリーフケース+普段使い2つが自分にとっての適切な個数かなあ、と考えていますので、2つくらいは捨てる余地がありそうです。


maruem / ブリーフケース / - / - / 2002ころ

広告を非表示にする

Victrinox:キーリング

f:id:takafuu:20151012011504j:plain:w300
なんのへんてつもないキーリングです。財布に鍵を収納するのをやめてから、裸でポケットはちょっと不安だし二枚がかちゃかちゃと音を立ててうるさく、ほかの収納法を検討し、カラビナ+キーリングと、ナスカン+ちょっと遊びがあってのリングで迷い、遊びがあった方が使いやすいのではないか、と、後者にしました。その中でamazonで探した中で評判が悪くなくやすかったものがこちらになります。¥600位です。

どう使いたいかというと、以下のように考えています

  1. ベルトループがある場合、帰宅途中などでループにつけておきたい
  2. ない場合は、鞄の何処かにつけておきたい
  3. しかしいずれもバッグの中とかポケットなど、鍵が露出しないようにしたい
  4. 収納時、財布やiPhoneなどにつけておきたい(別々になって探すのは面倒)

ずっとベルトにつけておくわけでもないし、どこにつけるかはわからないけど、電車内とかで鍵をすぐ取り出せる状態にしておいて、家や事務所の前で足踏みをしたくない、というのが根底の理由です。特に帰路につく場合、結構な確率でトイレに行きたくなっているときや、雨が降ってる時に鍵を漁るときにわりとストレスを感じるので、それを避けるためです。

写真を見れば分かる通り、ナスカンがちょっと小さくて、太めのベルトループだと通らないし、バッグの取っ手にはつけられないし、iPhoneのフィンガーリングにはつけられるものの幅がギリギリなのでつけるときに少しストレスで、自分の用途にはあわないようです。ナスカンの大きさをきちんと考えもせず購入してしまったことが原因ですね。取り外しのできる部分が大きくなりさえすれば良いので、ナスカン部分にキーリングをつけて鍵をそちらに移動し、リング部分にカラビナをつけてさかさまに使ってみようかなあと思っています。


Victrinox / キーリング / - / - / 2015-10

広告を非表示にする

2015夏のワードローブ:安上がりなTシャツとパンツ

f:id:takafuu:20150815182712j:plain:w300
就職したわけではないのですが、ここのところ毎日友人の事務所に行くようになったので、足りないワードローブ(仕事着編)を揃えました。
購入したのはTシャツ5枚とパンツ2つ、タンクトップ3つです。

既存のワードローブで足りないことはないのですが、今あるものは洗濯が面倒だったりそもそも体型が変わりすぎていまいちだったりとかして、着られるものがあまりなかったのです。ということで、これを機会に少し纏めて購入しました。数は多くなりましたが、実際あまり着ていないものも捨てられたし、管理の手間はかえって減ったように思います。

仕事着に満たしたい条件

仕事着としてのデイリーワードローブの場合、僕は基本的には以下の要素を満たすようにしています。

  1. 服の組み合わせに困らないこと
  2. 洗濯から再着用可能までの手間が少ないこと
  3. 1回あたりの着用コストが自分にとっての価格を超えないもの(安い服をすぐ捨てるか、そこそこ耐久性を期待して出費するか)
  4. 着心地が悪くないこと(良い必要はない)
  5. なんとなく自分が好きな感じなこと(すごく好きな必要はない)

上記を満たすように構成すると、ユニクロ、無印あたりに、ちょっとしたものをアウターでミックスするというのがワードローブの基本構成になります。趣味としての服と「デイリーとしての服」のミックスをしないことで、趣味に多少お金をかけられるというところでバランスをとっています。最近はあんまりそこまで気にしなくなってきたので、単に被服費が安くなってきてもいます。

洗濯の手間を減らしたい

もうひとつのポイントとしては毎日の洗濯はめんどうくさいので、手間を減らすため。シャツだと形状記憶でもアイロンだのなんだのとあるし、ポロシャツだと上着一枚着るとき合わせに気を使うことになるので、重ね着しやすいカットソーは量を貯めてもコンパクトだし使い回しもきくので、とても重宝します。

量の目安としては旅行、及び定住していない時を除けば、3〜5枚程度。結構なむかし、忙しかった時は週末に纏めて洗うことになっていたので、予備を含め6枚を回すのに落ち着いていました。Tシャツはアイロンの手間がなく、とにかく一年中着ることが多いので便利です。

erisaslife.net
こちらの記事を参考でも着回しの良さが書かれていて、だいたいそのとおりだと思います。改めて読むと長袖の方が着回しが良いかもしれない。
Tバイワンはテロっとして肌触りも良いし、結構合わせやすいから確かに重宝しそう。シルエットが細すぎないのも良いよなあ。

決定までの過程

特に言うほどのことはありません。やすさで選んだ。以上!
すこしかくと、一応wjkのワンマイルウェアとも比べたんですよ。ただ現物みたことないので、タイトでも困し、こっちは実物知ってるし、やすいし、と言い訳が思いつくので、さっさとUnited Athleの6.2ozの無地Tシャツに決定し、さらにインナーとしてユニクロのドライリブタンクトップを3枚購入しました。ヘビーオンスTにわざわざタンクトップを追加する理由は、単にこの厚さでも乳首浮きが少し目立つため。あと体感的に下に一枚着てると汗でべとつきづらい気がします。

ta21u.hateblo.jp
詳しくはこちらに。

そろえたのは冒頭の写真のような感じ。だいたいグレートーンのグラデーション、という雰囲気です。

色の濃い方から、

  • スミ(墨のようなちょっと淡い黒)
  • スレート(グレイがかった青)
  • ミックスグレー(ポリエステルが10%)
  • アッシュ(ポリエステルが2%)
  • ホワイト

となっています。ちなみにさすがにホワイトは体操着感強いので、これは部屋着中心になっています。春秋のレザーにはインナーで使うかなあ。
個人的にはスミの黒Tを着古したような風合いと、スレートの青みが好きです。このふたつは良い発色で、普通に良いです。暗い色好きですし。

組み合わせコーデ

ここらへんの色だと組み合わせも考えなくて良いので、「選択肢はあるが時間は使わない」という、完璧に制服化はちょっと気分が変わらなすぎて嫌だけど、、かといって朝に服装を考えたくはないという自分の要求をわりと満たしてくれています。

組み合わせ例

組み合わせは、タンクトップとユニクロのショートチノやデニムを合わせるまあ普通の組み合わせです。
パンツの種類はこれ。ロングパンツはインディゴがジャスト丈、黒がアンクル丈の2種類で、夏以降も引き続き通勤のメイン服になります。


合わせるとこんな感じ。面倒なので2パターンしか作ってませんが、Tシャツ4xタンクトップ3xボトムx2=24通りになります。靴をいれると3足のローテなので結構な数になりますが、どれもアイテムは同じものの色違い(靴は2つがマーチンのサイドゴア茶色、ほかは唯一のスニーカー)なので、シルエットはいつも同じです。

f:id:takafuu:20150917024335j:plain:w300
パターン01

f:id:takafuu:20150917024345j:plain:w300
パターン02

ちなみに写真中のブリーフケースは、整理の最中出てきたもので、服装があまりにもカジュアルなので鞄くらいビジネスっぽくしようと使い始めました。これ、15年くらい前から持ってていて、フリーランス時代の時に使っていたものです。その後パソコンを持ち歩かなくなったので、小さいかばんにシフトしたままだったんです。すこし表面に傷が付いているのですが、見た目もそんなにそこなわれてはいないし、機能的には問題がありません。あと、仕切りの機能が自分にぴったり。

ということで、パターン化の話でした。
もちろんまだこの服で通っています。

自分用補足:パターン化をされている他の方の例

この組み合わせで定型化する(いくつかのLookをもって着回す)という方法を実践していらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。ここではメモも兼ねて、気になった例とか、参考にさせていただいた例を記載させていただきます。

ちなみに男性のコーデがあまりみつからないんだよなあ。男で「私服で服にそこまで気を使わないでパターン化してる(けど1コーデのミニマリストという程でもない)みたいなひとがあんまりいないのと、いてもわざわざコーデまでは記事にしない、ということが多いのでしょう。僕もそうしたパターンコーデについては特に書いてないので、たいしたものにはならないですが、まず自分で載せてみようかなあ。

aoichania.hatenablog.com
普段着をLook(服のコーデ例)にして、そのLookBookから選ぶというのは楽なうえに飽きも着にくいのでよいですね。
そのパターンに対応する気温・天気を記載しておくと、今日の天気から自動的に絞り込めるという利点もあって更に楽!

着ていて楽なこととお手入れが簡単

と書かれている通り、これはデイリーのワードローブではほんと重要だなあと思います。

gozenchu.com
意図しないけど同じものを着ている、仰っているのですが、「時間は欲しいし悩みたくない」けど「別にオシャレを放棄しているわけじゃない」という感じで素敵です。そもそも僕は人のコーデを見るのがとても好きです。

ちなみにこの方の別の記事、gozenchu.com
は僕もいままさに痛感していまして、気が付くと無印とユニクロが増えています。

simplelife.agi-to.jp
この方はLookを作るのではなく、全ての組み合わせがOKなように揃えられているようです。もともと点数が少なく、自然素材を好まれるようなので、ファストファッションで廻すよりは、機能性を重視した上できっちり使い切るという姿勢で選ばれているように見えます。
メリノウールで有名なicebreakerのアイテム比率が増えていく過程を拝見していると、次そうしたインナーを買うときは候補に入れようかなあと思い初めています。特におしゃれに興味はないと他の記事でおっしゃっていたように思いますが、機能性と見た目の両立がとてもうまいなあと個々のアイテムを見て思います。

astudyinscarlet.hatenablog.com
ほぼユニクロのモノトーンコーデ。仕事なんだし、さっぱりすっきりと、これくらいシンプルでもカジュアルすぎないのはいいかんじで、個人的にけっこう好みです。僕も合わせはシンプルなものが多いので、参考にしつつ、もうすこし数(種類)を減らしていけると良いなあ。

ukkari.hateblo.jp
自分的に親近感のあるコーデパターンです。

自分の似合う&好きをいかにまとめるかが大事なんだと思う

というのに尽きる。僕も流行とか年齢的「着るべし」服を中心にすえるのはあんまり好きになれないのですが、それでも程よくそうした「似合う」「好き」「流行」を合わせていこうかなあと思っています。最近買ったパンツがようやくノークッション(ジャスト)とアンクル丈なのが、僕のいろいろな遅さをよくあらわしているなあ。

sibu.hateblo.jp
数少ない(僕の観測範囲が狭いだけかな)男性の定番化コーデ例です。この方もLookをつくるより、任意の組み合わせでOKなようにアイテムを選んでいらっしゃいます。そしてアイテムが基本的に同型異色(異素材)をそろえることで、より組み合わせが落ち着く感じ。ユニクロよりGUなのが若くていいなあ、とおっさんはおっさん発言をして羨んでみます。GUって、おっさんにはシルエットなどが若くてちょっといろいろきつかったりするのですよ!

広告を非表示にする