The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

プロマート:Ruban mini メジャー 2m

f:id:takafuu:20151007014207j:plain:w300
メジャーを専門につくる会社、原度器株式会社のミニメジャーです。
キーリングが付いていることからもわかるよう、ちょっとした日常での使用を想定されているようですが、特に適当な作りというわけでもなく、きちんとJIS1級品です。

専門的に計測が必要なものだとこれだときついでしょうが、おそらくそうした計測を必要としない日常生活での用途ならこれで足ります。
よいところとして

  • 40x40x10(mm)と小さくテープ幅が6mmなので本体の厚みも約11mmと薄い
  • ストップ機能付き
  • ステンレスなので耐久性が結構ある
  • キーリングで他の工具やポーチ、ズボンにつけておける
  • 45gと軽い

ということで、必要十分な機能とミニマルな大きさをかねそなえつつも値段が安い(アマゾンで¥550-650)と、とても気に入って使っています。
そんなに使用頻度が多いものではないのですが、かといって年に10回くらいは使うので、コンパクトなのは嬉しいのです。2mはご家庭だとだいたい足りる長さだと思います。

実際はこんな感じの雰囲気です。爪切りとくらべてみましたが、テープ幅も細く、コンパクトですが目盛りは読みやすいです。
f:id:takafuu:20151007011556j:plain:w300
爪がそんなに大きくないので、物によっては引っ掛かりが浅くてうまく伸ばせないことは有るかもしれません。

しかし小さく機能性が高い道具というのは、未だに見ていてもこうワクワクするものがあります。
むかしからそういう「プロのための機能的な道具」みたいなものが僕は好きで、この道具は結構そうした僕のこころをくすぐります。

人は測りたくなるものなのか

この商品のamazonレビューは結構高評価が多いんですが、その理由として「いつでもすぐに測れる。なんか、あ、これ測りたいってときに便利!」ようなことを書いていらっしゃる方が散見されます。たぶん建築とかの専門の方だと思うのですが、まちなかで「あーあれ測りたいわ」って思うことがあんまりないので、どういうことなんだろうか、とちょっと考えてしまったのでした。いやでも、もっとよく考えると「この大きさどれくらいだろう」ってシチュ結構あるかもしれない。例えば僕は郵便ポストの横幅とか知らないですし、ココイチのカレーの皿の長さも、ジャン・ポール・エヴァンのマカロンの直径も知らないのです。知りたいかといえば、知りたいかもしれない。いや、きっと結構知りたい。


プロマート / Ruban mini メジャー 2m / - / 約40x40x10(mm) / -

広告を非表示にする

noritake:マグカップ

f:id:takafuu:20151006144201j:plain:w300
貰い物です。自分だと買わない柄ですが、別に気になることもないので、5年程度は使用しています。
初めはカップふちの金属加工により電子レンジが使えないことを微妙だなあと思っていたのですが、そもそもカップを電子レンジにかけることが殆どないため、特に欠点というものがありません。

食器類はコダワリがなくコメントがないため、1記事1アイテムにするとほぼ写真のみになってしまうのをなんとかしたいなあと考えていて、それは更新を遅くさせている一因でもあります。


Noritake / マグカップ / - / - / 2008頃

広告を非表示にする

ロート製薬:メンソレータムメディカルリップb

f:id:takafuu:20150930232244j:plain:w300
最近立て続けに再発した口角炎用に買ったもの。これは成分的にも第3類医薬品なんですね。
これをつけて3日位してしっかりと治ってくれたので、結構よく効くのかな。

近くのマツキヨで購入したんですが、いまサイトを見ると「ヒビプロ」なんていうシリーズも有る。こちらのほうが使いやすいっぽいけど、微妙に成分に差があります。差はセチルピリジニウム塩化物水和物(メンソレ)とパンテノール(ヒビプロ)で、前者は殺菌作用、後者は粘膜の修復・保湿作用のようです。口角炎は様々な原因が考えられますが、疲れなどによるカンジダの活発化などを考えると、殺菌作用の有るこれなのかなあ。

生活習慣、ビタミンBの欠乏も主要な原因の一つということは、まあ生活習慣だろうなあということで、あまりお世話にならないように、そのうち「いらないや」と捨てることができるようにと思ってもちものに記録しておきます。


ロート製薬 / メンソレータムメディカルリップb / - / - / 2015-09-20

広告を非表示にする

Curel:皮脂トラブルケア化粧水 150ml

f:id:takafuu:20150904003232j:plain:w300
化粧水とか、少しづつ蓄積して改善していくものの評価はとてもしづらいです。すぐトラブルがでるダメなものはすぐわかるのですけどね。
「化粧水をしない」というケアも試しましたが、アトピーの乾燥肌のぼくは、冬はとても痒いし、顔が白くなるし、掻痒傷はできるしで、ろくなことがない上、皮膚科でも治らないし、結局漢方や生活を変更して大幅に体質改善をするくらいしか手放す契機がなく、それには時間がかかるので、化粧水や乳液に関してはもう使うものだと思っています。髭剃りをすると肌にダメージが行くので尚更です。

ということで、自作を含めいろいろ使っているのですが、決め手がないのが実情。これは青はよく使ってましたが、通称緑のコレは初めてです。
自作は安いし良いのですが、防腐剤を入れないため腐りやすいのと、どうもグリセリンのコントロールが上手くいかずにべたついたり完走したりと結構シビアなうえ、ベストな配分を決めづらかったので、面倒になって市販品に戻っています。

このよいところ

・しみない
・べとつかない

わるいところ

・とくにないが、別に安くはない(自作と比べてみればそりゃ市販が割高なのは当たり前)

なにがよいのかわからない。だれか助けてほしい。

いまのところこれしかわからない。セラミドケアとかきくとなるほどーと一瞬思うのですが、なんか一連の説明がどれくらい妥当性があるのかよくわからなくなって、マイナスイオン的なアレか?とか思い始めると、効果はあるんだけどなくて、でもあるんだけどそれは科学ではなくて、でもあるんだよみたいにループしてきて、まあ、こうした美容分野は一般的な医学とはまた違う分野(むこうは生かすためのもの)だと思うので、それらに造詣のない僕は結局頭のなかが「?」でいっぱいになります。結論としてはとりあえず刺激がなければいいかなという安易なものになるのですが、これはめちゃくちゃ顔が痛くて赤くなるコスメがあるので、そうでなくて適度に潤うということでもう十分に合格ラインなのですよ。髭剃った後も刺激がない、っていうのは特に重要です。

オーガニックと安全性、刺激について

オーガニックだから刺激がない、ということでも全然なく、ようするにこうした「合う合わない」はある成分が自分の体に合うかどうかで、それは化学合成されたものか・自然界にもあるか・自然界にはもともと存在しないか、という違いで、ある物質への刺激への反応という点では同じなので、オーガニック=つねに低刺激、ではないことは留意しつつ、そこから自分に合うものをえらぶのは結構大変な作業です。
たとえばオーガニックシャンプーなのに刺激があるなーと思ってたらラウリル硫酸Naが入っていたものもあるし、でも「別にラウリル硫酸Naぜんぜんだいじょうぶだよ」という人もいます。んで、たぶん何十年と使用したデータはないので、これが本当に長期にわたって大丈夫なのかはわからない。

あまり考えすぎると使えなくなえるので、自分にとって「いやな成分」というのを見つけて行って、実際に購入するときは、成分表とにらめっこして決める。で、使ってみて、また「いやな成分」を見つけていくみたいな、「使いたくない成分リスト」をアップデートしていく作業、と考えていくとよいでしょう。僕はとりあえず「コレが入ってるとたぶん刺激がある」というリストを少しづつ作っていて、それは危険とか安全とかではなく、僕にとっての忌避リスト、というふうに考えています。はい、言い訳を終えました。

で、このCurelはそれが入っていないのです。なのでしみない。
せっかく買ったんだし、まず使いきってセラミドケアをしてみようと思います。肌、良くなると良いなあ。今日は若干あかいのです。


Curel / 皮脂トラブルケア化粧水 / - / 150ml / 2015/09/01

広告を非表示にする

PrlgLio:Dオレンジシャンプー

f:id:takafuu:20150901050921j:plain:w300
サロン専売品ですが、いまだともうネットで手軽に買えるすこし贅沢なシャンプーという位置づけになると思います。いろいろ手軽に買える世の中です。
シャンプーに別に対した拘りはないのですが、頭皮が痒くならないことと、洗った感じがすっきりすること、保湿が効いているのか、髪がしっとりすることが良いので、ずっと使っています。10年はまちがいなく使ってる。僕の髪はかなり硬いので朝結構面倒なのですが、それを少しでもしなやかにしたいなあというかんじで使いはじめ、頭皮に刺激もないので、これはいいんじゃないかと、気がつけば10年オーバーな付き合いです。

@コスメではよく似たDナチュラルハーブシャンプーオレンジの評価しかないので、シャンプー解析ドットコムから引用すると、

ベースがグルタミン酸系、
非イオン界面活性剤が刺激緩和、泡立ち補助をし、
ポリクオタニウム-10。
結構なしっとり(わずかにべたつきそう)な質感と思われ、
マイルドで髪に対してもダメージを感じさせない処方だ。

という書き出しで、ダメージ補修力と保湿はあるけど保湿ありすぎてずっと使ってるとあんま良くないんじゃないの?とまとめてあります。
そのわりに格付けは5点中4点ということで、ようわからん。www.ishampoo.jp

使用感

・長年使用していますが、使った直後はかなりしっとりとします。保湿はたっぷりで、冬でも安心です。ただ、洗い流し成分はそんなに強くないので、ワックスが落ちづらいものものとかだと、洗うのに時間がかかります。
・特にコンディショナーは使わないのですが、問題ありません。まあ、これは男の短い髪の毛なので問題ないのかもしれません。
・オレンジの香りもして結構いい香りなのですが、そんなに強くないので、いかにもシャンプーみたいなあの香りはしないし、香り自体もあまり残りません。ぼくは香りが残らないところは好きですが、人によってはデメリットになるのかもしれません。そういう場合はその手の香水を使うことになるのかな。

他のものに変えて頭皮が痒くなると面倒なので、入手できるうちはこれを使っていくと思います。


PrigLio / Dオレンジシャンプー / - / - / -

広告を非表示にする