The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

norikoike:ジャケット型コットンカーディガン

f:id:takafuu:20150103225008j:plain:w300
norikoikeといえば丈夫な度詰天竺カットソーが有名でしょうか。Districtが取扱いを始めたことで一気に知名度が広がったものだと記憶しています。これはデザイナーのコイケさんがまだ存命中に展開していたものだと思うので、おそらく2009年のものかな。濃紺xちょっと明るい紺の切り返しです。

カットソーは手元にない(どうしてもサイジングが自分とは合わない感じがして断念)のですが、デイリーユースに(アウトドア的な意味ではなく)丈夫で上品なシルエットなので、ちょっと値は張るけど一枚持っておくと長持ちして、他のものを買う手間が省けます。ちょっとしたクセにより僕は良いカットソーを着るのがためらわれるので、ここでは「型が崩れづらく/気軽に洗え/よく持つ」ものとしてこいつを買いました。で、その通りタフに使ってます。

これは春・夏・秋に着ますが、クロップドやショーツとTシャツの上に羽織るとか、腕まくりをするとか、そういう用途にも使える柔らかい素材がいい感じ。切り返しもアクセント程度なので、合わせるのは結構楽ですが、たまにこういうのを着ると「あれ、今日は珍しくきれい目だよね」っていわれます。いつもが相当カジュアルということなのかな。まあそうなんでしょう。冬に着ないのは単にこれ一枚だと寒いのと、アウターがブルゾンタイプなためはみ出てかっこ悪いからです。


norikoike / ジャケット型コットンカーディガン / コットン100% / S / 2009頃

広告を非表示にする

Label Under Construction:カーディガン

f:id:takafuu:20141222130340j:plain:w300
独特の毛羽立ち加工と編みのむらが特徴のシンプルな黒のハンドメイドカーディガン。透け感があり、春から夏に向けて適当に羽織るのにとてもちょうどよいもの。何年か買おうかどうしようか迷っていて、一着カーディガンがダメになった時にようやく買った記憶があります。

着ていると編み目が伸びて着丈が伸びてくるのが特徴で、たぶんこれ膝上位まで伸びるんじゃないかなあ。そういうだらしなさが特徴というより、こうした「独特の雰囲気を出す」ことに全力を注がれているものなので、耐久性や機能性もステータス性も皆無という振り切り方がなかなか凄いものがあります。

背中側の首元の穴はたまに指摘されますが、これは虫食いではなく、ブランドタグを通してある穴で、このブランドのニットは大抵こうなっています。ブランドタグは金属の棒とワッシャーを組み合わせたもので、外すにはマイナスドライバーを必要とします。


Label Under Construction / カーディガン / Silk 100% (デストロイ加工) / XS / 2012-08頃

広告を非表示にする

Comme Des Garcons Homme :切り返しニット

f:id:takafuu:20141223125233j:plain:w300

いつ購入したのか覚えてないくらい古く、かつ相当な回数着用していて、まだ現役なもの。長く使っています。
3シーズン着ているので、着用回数はやっぱり所有年数が長い下記のコートより断然多いのです。


LMAltieri:コート - The 42 Of Spaghetti


当初は切り返しモノだし、こんなに保つとは思っていませんでしたが、蓋を開ければ制服のように着ているニットになりました。
こういうのを運命の一枚と言うんでしょうか。

薄手なのですが、当時はそもそもインナーに厚手のものを着なかったので、真冬を含めた春・秋・冬の3シーズンで活躍しています。生地は薄めにはなってきてますが、あと1,2シーズンは問題なく着れますので、最後まで頑張ってもらうつもりです。


Comme Des Garcons Homme / 切り返しニット / ウール 83% ナイロン17%(袖はウール100%) / S / 2004頃

広告を非表示にする

MARNI:カーディガン

f:id:takafuu:20141222145300j:plain:w300
少し厚めのカーディガン。写真では見えないですが、アームの編み目がポイントで買いました。緩すぎず細すぎずちょうどよいです。さすがに結構暖かいので、秋〜冬にかけて活躍するニットです。とてもシンプルでカジュアルなのですが、質感が上品なのでばらんすがほどほど、というあたりが使いやすい理由かなあ。

難点は素材がデリケートな分、メンテナンスもちょっと面倒なことくらいでしょうか。暖かいカーディガンは3シーズン使い回しが効くため便利でよく着るので、もう少し耐久性がある素材のほうが良いとは思います。


MARNI / カシミア100% / 46 / 2012-01頃

広告を非表示にする

John Galliano:Vネックニット

f:id:takafuu:20141224093238j:plain:w300
せっかくのガリアーノなんだからもっと彼らしいデザインのものがあればよいのですが、そのような服は今は着るには厳しくて処分してしまいました。ということで残っているのがこの何の変哲もないニットです。これを買った経緯は覚えていません。なんでこんな地味なものを買ったんだろうか。

続きを読む
広告を非表示にする