読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The 42 Of Spaghetti

メモを交えて所有物を淡々と記録するログ

財布と鍵とiPhoneとパスケースの収まりぐあいを模索している

割りと僕はこういうこまいことが気になる性質のようで、ともかく収まりが悪いこの3つの持ち運びについて最適な方法を寝る前に考えたりして(睡眠導入には丁度良い負荷なのです)、ちょこっとづつ変えてはいるのですが、やっぱりまだどうにもうまくすわって…

心が落ち着く香り

ぼくはことさら臭いに敏感ではないのですが、それでも不快な臭い、好きな臭いというのはけっこうあって、わりとそれに心が動かされるなあというのも当然、動物としてヒトは臭いに対してけっこうしっかり刺激を受けるようなのです。自分の老廃物の匂いをなん…

眼鏡店を選ぶ際に留意したこと

2ヶ月前に行った右目の白内障手術、術後経過はとても良く、0.01以下の視力が0.6になるというのはとても素晴らしいです。 ただ、もともとの乱視と、老眼になったため、眼鏡を新調する必要があります。視力は姿勢ばかりでなく頭痛やめまいなどQOLに直結しやす…

体毛の処理をする

そろそろ蒸れる季節なので、体毛の処理回数を少し多めに行うことにしました。おっさんの体毛処理という誰得な話題です。男の体毛はビジュアル的には薄すぎず濃すぎずが丁度良いらしいのですが、僕は大体が汗溜まりによる臭いなどの予防を目的として処理して…

洋服の購入費用より着用時のコストを重視する(減価償却的に考える)

コーデ管理アプリの記録記事ですこし触れた着用コストの話で、タイトル通りの話です。本文はだらだと続いていますが、まったくにたいしたことは書いてありません。ほんとにね。 コンセプト;減価償却風に考える。それだけ ぼくは今でもマーチンとかディッキ…

適当にゆっくりとフリー(ター/ランス)として働くことにする (1)

貯金が心許ないのと、体調もかなり回復したので、ちょいちょい働こうと思い始めましたが、どうにも(通常の形で)勤めるのが面倒ーーそもそも雇ってもらえないキャリア(年齢/持病/経歴を考えると泣きそう)だし、生活するためだけにはたらくのも嫌なので…

ワンシーズンに必要なアイテム数は:着る楽しみと服の数

3か月を33アイテムで乗り切れる? - 着るものをどうしたらいいか考える 3か月を33アイテムで乗り切れる? - 着るものをどうしたらいいか考える3ヶ月、33着で生活しようというプロジェクトに当てはめられている方の記事を読んで、そういえば最近の僕はどうだ…

shoegooでゴムソールの補修を行う

よく履いているDr.martensチェルシーブーツのソールが少し減ってきたので、早めにshoegooでリペアしました。 もっとすり減ってからゴムソールの補修ができるシューリペア店に持ち込んでもよい(¥2,500程度)のですけど、他の靴もちょこちょこ直したいものが…

食事のメニューがある程度固定化している

普段の食事にそこまで頓着のない僕は、気がつくと朝昼食がルーチン化されていて、大体が同じものを食べています。これは効率化というより単に食事のメニューを考えるのが非常に面倒くさいという怠惰な理由からくるものですが、メリットがないわけでもなさそ…

人生の満足度を最大化するためにやりたいことを減らしていく

$(function() { countDown(); }); function countDown() { var startDateTime = new Date(); var endDateTime = new Date("January 01,2060 00:00:00"); var left = endDateTime - startDateTime; var s = Math.floor(left /1000); $("#timeLeft").text(s); …

秋、都市部、二週間の旅行に行ったときのパッキング例

パッキングを振り得るとその状況で必要な荷物がわかるので、記録があるものについて代表的なものを振り返っていこうと思います*1。今回は1年位前のもので、すこしは荷物が少なくなったときのものです。 *1:とはいえ詳細な記録をとっている旅なんて殆どない…

それでもやっぱり服を捨てられない人に、整理する方法を考えてみた

服が多い人のための整理方法:必要な物を合理的に考えると15着あれば1年間はうまくいくという記事通り、理屈上は15着に減らせそうということがわかっても、なかなか思い切ってその15着を決めることはできません。なので、「自分でショップを開く」という方法…

服が多い人のための整理方法:必要な物を合理的に考えると15着あれば1年間はうまくいく

前回の記事でも触れましたが、なかなか服を減らすことができなかったので、写真のようなクローゼットになっています(収納箱のサイズも合ってないですね)。で、自分で方法を考えてみたのですが、その過程で一度着回しを考えることになり、これが結構面白か…

シンプルライフ(ミニマリスト)に惹かれる理由と実行しない理由

シンプルライフに惹かれる理由 去年からモノを捨て、家具を全部買い替え、書籍とCDを全電子化してかなり快適になったあたりから薄々モノを整理することが好きなのは気づいていました。単純に、機能美的な居心地の良さ、というのが最も近い感覚になります。ま…